忍者ブログ
釣り、ペット、短編小説、雑記、紙誌掲載原稿
[385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 商売柄、アチコチの企業を回っては経営者はもちろん、営業マンや事務方のみなさんに色々な話をしたり、話を聞いたりするんだが、「部下にやる気がない」 とか、「上司が無能だ」ってな愚痴ともつかない相談もされちゃったりするわけですよ。フリーランスの自分に言わせれば、そんなのは贅沢な悩みでして、真にやる気がある有能な人間だったらアナタの部下になっているはずがないし、有能な上司だったら何でも自分でやっちゃうから、アナタは必要の無い存在になっちまう。お互いがそこそこ有能で、そこそこ無能だからこそ、サラリーマン社会は成り立っているって事なんだけどね、ってな話をしたら、「そんな身も蓋もない事を言われても……」って、ふくれっ面されちゃうんだが、身も蓋もない相談事(愚痴)を言い出したのはソッチですよ、と。

 なんしろコチトラ、自らの能力を過信してサラリーマン生活を捨て、寄る辺なき浮き草稼業に身をやつしているわけで、やる気が起きなければオマンマの食い上げ、無能だと判断されたら仕事を干されてホームレス転落、ちょっとした失敗でも人生の致命傷になりかねない世界の住人なわけです。覇気が無くても無能でも、休まず、遅れず、不祥事を起こさず出社していれば、とりあえずはお給料がもらえるサラリーマンとは違うんだもの。部下もいなけりゃ上司もいない。いるのはお金を払って自分(の仕事)を買ってくれる依頼主と、情報を交換したりコラボを組んだりする同業仲間(時には商売敵にもなる)くらいです。いや~、ツライ商売だね、こりゃまったく。

 で、部下にも上司にもにも言える事なんだが、やる気だの能力だのってのは、極論すれば気分のノリに左右されるわけで、人はおだてりゃ木にも登れば火にも飛び込んで行くし、甘やかしときゃとことんつけ上がるし、機嫌を損ねりゃ部下や上司はおろか、親兄弟女房子供だって殺しかねない生き物、って事を覚えておく事ですな。サラリーマンってのは飴と鞭じゃなく、褒めておだててやる気にさせて能力を引き出し、甘えはご機嫌を損ねない程度に厳しく叱ってあげる(相手の人格までは否定をしない事ね)のがコツじゃねーの?ってお話です。

 そんな簡単な話じゃねーって? ごもっとも、ごもっとも。だったら他人に相談して(愚痴って)もしょーがねーでしょう。部下と上司と言えども、所詮はお互いサラリーマン。どこぞで折り合いを付けてやってくしかないんだから。

拍手

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
YASU ・居眠釣四郎・眠釣
性別:
男性
自己紹介:
釣りと動物と時代劇、時代小説をこよなく愛する、腰は低いが頭が高い、現代版「無頼浪人」にて候。
最新記事
(09/01)
(08/24)
(08/13)
(07/29)
(07/23)
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]