忍者ブログ
釣り、ペット、短編小説、雑記、紙誌掲載原稿
[384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375] [374]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 お仕事の納品で出掛けていたら、とんでもない雷雨に出くわしてしまい、車に積み込んでいた傘を差して客先に向かおうとしたんだが、いつも運転席のシートバックに差し込んである愛用の折りたたみ傘がない。どうやら先日、家内が使って積み込むのを忘れたようだ。外は稲妻が閃くやら、雷鳴が轟くやら、大粒の雨が叩き付けるように降っているやらで、傘無しでは出られない状況。約束の時間はもう間近。これは困った……。もしかして別の場所に傘を積みこんだかも知れないと、家内に電話をしてみると、「ラゲッジスペースの傘立てに黄色い傘が一本入ってるよ」 との返事。お~、助かった。そんじゃそれを差して……って、この傘?


 って、違うよ、違うッ! いくらなんでもだね、五十歳近いオッサンが、それもお仕事にだよ、キティちゃん (に、よく似たネコちゃん) の傘を差して行くって、おかしいだろ? それこそ間違いなく Kitty guy だと思われちゃうよ。しかし、傘はこれ一本しかない。約束の時間まであと5分。もう、覚悟を決めてキティちゃん傘で行くしかない。スーツを着たビジネスマンスタイルのオッサンが、激しい雷雨の中、黄色のキティちゃんの傘を差してオフィスビルに向かう姿……。道行く人もさすがに傘の内から 「エッ?」 ってな顔でコチラを見てる。たぶん、振り返って二度見してるね。って、もうね、恥ずかしいなんてモンじゃないです。

 受付対応に出たOL嬢は、言葉は好意的だけど明らかにドン引きした表情で、「あ~、カワイイ。素敵な傘ですね。いつもコレなんですか?」ってお愛想を棒読みで言ってくれたけど、自分と目を合わせないようにしてたね。なんか、こう、初めて見る変わった生き物を扱うような、そんな微妙な感じがヒシヒシ……。

 帰宅後、家内に 「なんでキティちゃんの傘なんか積んであるんだよ? ウチにゃ子どもはいないじゃねーか!」 と詰め寄ったら、「なんとかの記念品とやらでもらった傘でしょ。宅配便を自分で受け取ってたジャン」 と言い返されてしまった。しかも、置き場も使い途もないので、車内常備用として車に積んでおけば、と自分が指示したらしい。あれ? そーだっけか? 全然覚えていない。何年前の話だろう……。

 ともあれ、人には年相応、物の使用にはTPOってモンがありますよ、ってお話でした。

拍手

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
YASU ・居眠釣四郎・眠釣
性別:
男性
自己紹介:
釣りと動物と時代劇、時代小説をこよなく愛する、腰は低いが頭が高い、現代版「無頼浪人」にて候。
最新記事
(09/01)
(08/24)
(08/13)
(07/29)
(07/23)
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]