忍者ブログ
釣り、ペット、短編小説、雑記、紙誌掲載原稿
[703] [702] [701] [700] [699] [698] [697] [696] [695]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 先週投与を受けた抗ガン剤、まだ明確な効果が現れていない。今朝の採血検査では、腫瘍マーカーのhcgの値は上昇しており、奏功していない状態。血痰の回数も量も増えており、いささか不安になっていたンだが案の定か……。まぁ、抗ガン剤はガツンと効く場合と、ジンワリと効果が出てくる場合があるので、焦る必要はないし、落胆する必要もない。が、わかっちゃいるけどやっぱりね、結果がスグ出て欲しいのが人情ですな(笑)。

 抗ガン剤ってなァ風邪薬と違って、90%以上の確率で効果があるとか、万人に効くって類のクスリじゃありません。効く、効かないはガンの種類や病状次第だったり、個人差があったりで、なかなかに難しい。投与してみて様子を見るしかない、って事のあり得るクスリでね。副作用も人によりけりで、出ない人もいれば、数回後に出たり、投与後即出る、数日後に出る、などバラバラ。出方も程度もバラバラ。他人の話は参考にならんケースが多いのも事実。まぁ、抗ガン剤の種類によって特徴的な副作用ってのはある。自分の使っているシスプラチンやカルボプラチン、タキソール、タキソテールは手足の痺れと耳鳴りが特徴的な副作用です。吐き気や食欲減退は、どの抗ガン剤でも程度の差はあれ出ます。キツイんだな、この副作用が……。

 今回、副作用が比較的少ないタキソテールとカルボプラチンという、2種併用投与を受けたンだが、効果もジンワリと出てくるらしく、今までのように”投与即ドカン”とは薬効が出ていない。3週毎の投与なので、あと2週間に追加投与を受け、このペースで病魔を叩いて行く予定。投与即ドカンというクスリは副作用もキツク、QOLが下がってしまう。どれくらいキツイか、ちゅーとだね、第六クールでは10日間寝たきり、食欲減退で食事も摂れず、エンシュアというカロリーメイトドリンクみたいな激甘流動食ドリンクしか飲めなくなった。ビーフリードという持続栄養点滴を受け、ベッドから降りるのはトイレに行く時だけ。おかげでまったく歩けなくなり、リハビリの先生の指導を受ける羽目に……。

 副作用の手足の痺れは、過去六回の蓄積分もあり、今回が最高にキツイ。だけど食欲減退は投与3日目だけで済み、モリモリと飯が食えている。味覚の狂いも治りつつある。脳浮腫の影響で左半身の麻痺もあって不安も感じるが、自分はまだ病魔に負ける気がしないンですよ、ってお話でした。まだだ、まだ闘える!

拍手

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
YASU ・居眠釣四郎・眠釣
性別:
男性
自己紹介:
釣りと動物と時代劇、時代小説をこよなく愛する、腰は低いが頭が高い、現代版「無頼浪人」にて候。
最新記事
(09/01)
(08/24)
(08/13)
(07/29)
(07/23)
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]