忍者ブログ
釣り、ペット、短編小説、雑記、紙誌掲載原稿
[372] [371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 とある地方都市の国道沿いにある、ちょっとだけ高級な定食屋でお昼ご飯を食べていたら、隣のテーブルに見覚えのあるお兄さんが座っていて、煮魚定食をお行儀よく食べていた。見掛けは尋常じゃなくいかつくて、周囲を威圧する雰囲気があるんだが、箸使いが実に見事で、「へ~、今の三十代でこんなに丁寧に魚を食える、ってなたいしたモンだ」 と感心しちゃったんだが、実際に魚を箸で上手に食べる事が出来ない日本人が増えています。オマエはどうなんだって? 自分は祖母と母親に厳しく躾けられたので、箸使いには自信があるよ。ちゃんと身と骨を箸先で外して、グチャグチャにしないで食べられます。エヘン! ってか、そんなの日本人して当たり前の事だけどね。

 で、いかついお兄さんが視線に気付いたわけだ。黙ってチラリとこちらを見やった。あくまでもチラ見で、決してジロリと睨んだワケじゃないんだが、ここで慌てて目を逸らしたりすると、「なんか用か、こら、オッサン!」ってな事になりかねないので、「見事な箸使いですな。どこで仕込まれなすった?」っと穏やかに話しかけておくのが正解だったりします。

 「はぁ? あぁ、オヤジが口うるさかったからね」

 「ほう。でも今となっては良いオヤジさんでしたね。恥をかかずに済みますがな」

 「そんなモンかな? で、なんか用?」

 「いや……、大した用じゃないけど……」

 「ふ~ん。悪いけど、飯は黙って食うモンで(話はこれまで)」

 「はいはい」

 いや、実に食事のマナーがしっかりできてる。なんでこんなにしっかり躾けられた若者(つっても三十代だろうけど)が、とても堅気ではない格好をしているんだろう? まぁ、人には様々な事情があって、いろんな境遇に身を置いているってくらいの事ァ、自分みたいな商売の人間にはよくわかっているんだけどね。

 そんなこんなで食事を終えてお茶を飲んでいると、今度はお兄さんから話しかけてきた。

 「旦那さん、大した用じゃないって、どんな用?」

 「あ、はいはい。自分に見覚えはない?」

 「ん~、ない。どっかで会った?」

 「DVD」 (参考URL: http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1146722547&owner_id=20381207 )

 「あー、アン時のね。ハハハ、そっかぁ~」

 「いや、アレは実に良かった。うん、よかったですよ」

 「今日は持ってないよ」

 「あら、残念(笑)」

 「好きなんだ」

 「嫌いな人はおらんでしょう」

 「そらそうだ。だから商売になるんだし」

 「いや、ここで再会するとは、誠に奇遇」

 「世の中は狭いね。悪い事は出来ないな」

 「あれは悪い事じゃない?」

 「まぁ、世間に迷惑を掛けているワケじゃないし」

 「ふふふ、確かにね」

 っとまぁ、ゆる~い感じで意気投合して、店を出る時にはお互いの携帯番号を交換しちゃって、今度ゆっくりと話をしようって事になった。互いの身性は詮索しないのが、こういった時のお作法なんだが、そのあたりの機微も充分に承知しているお兄さんだったね。

 自分が三十代の頃、彼ほど世をさばけた感じで生きていただろうか? 立身出世を夢見て、やたらと鼻っ柱だけが強くて、クソ生意気な若造だったよなぁ。あ、今でもそうか……。いやいや、今では生意気な偏屈オヤジに成り果てているな。

 雨の日曜日、午睡をしていてこんな夢を見ましたよ、ってお話でした。

拍手

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
YASU ・居眠釣四郎・眠釣
性別:
男性
自己紹介:
釣りと動物と時代劇、時代小説をこよなく愛する、腰は低いが頭が高い、現代版「無頼浪人」にて候。
最新記事
(09/01)
(08/24)
(08/13)
(07/29)
(07/23)
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]