忍者ブログ
釣り、ペット、短編小説、雑記、紙誌掲載原稿
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 またしても更新が滞ってしまっていたンだが、抗ガン剤の副作用による手足の痺れ・麻痺がひどくて、それどころじゃなかった。リハビリを開始した今も、お箸は使えない、字は書けない、歩くのはペタペタとペンギン歩きでかっこ悪いったらありゃしない。まぁ、全く歩けなかった一頃に比べれば、かなりマシになったけどね。磯・投げ情報の連載原稿も入稿を済ませた。まったく、売文屋の鑑だよなぁ。

 で、なんで手指がろくに動かせないのに入稿を急いだかと言うと、実は来週末に左肺の新発病巣と、再来週末に右肺心臓脇の腫瘍の切除手術を二週連続で行う事になったから。左肺の新発病巣は4月の検査で見つかったンだが、抗ガン剤が効いていない。右肺心臓脇の病巣は半年以上も頑固に居座っているンだが、手術で取れるそうなので、この際バッサリと切り取っちゃおうって事です。外科的に切っちゃう分には、副作用に悩まされる事はないからね。

 まだ決戦の日時は決定していないンだが、まずは物見として水曜日に名古屋ポジトロンセンターで転移病巣が無いか全身チェックのPET検査を受けてくる。この検査は昨年秋にも受けたンだが、ガンがあれば脳と膀胱以外はバッチリわかる。昨年秋の検査では、虫垂ガンと左背筋の肉腫が見つけられた。で、全身の転移状況がわかったところで、来週末くらいに決戦の第一陣となるわけだ。

※その後、左肺の新発病巣の手術と同時に、左背筋内の肉腫も切除摘出することになった。二週連続では身体への負担が大きすぎるので、回復状況を見ながら、二週間の間を開けて第二陣の手術を行う事に決定した。第一陣の手術は6月24日(金)。

 決戦の総大将はM山先生。もうすでに二度も手術をして頂いているので、安心してお任せできるんだが、手術の成否とか、そんな事は別として、手術ってェのは ”生物の本能として” 怖い。それも短期間に連続で手術だよ? しかも体力だって万全とは言い難い状況だもの、怖ェの怖くねェのって、いろんなトコが縮み上がっちまうくらい怖ェよ。手術後三ヶ月は咳をしても痛むし、半年くらいは肋間神経痛に悩まされるンだよなァ。今、味わっている抗ガン剤の副作用による不快感よりはマシ……じゃねェッ! 痛ェもんは痛ェし、それはまた抗ガン剤の副作用とは別のツラさだかンね。

 あ、「神は乗り越えられる試練しか与えない」 なんて無責任で根拠の無い励ましはいりません。慈悲深い神仏は人間に試練なんて与えませんから。試練だの困難だのは、神仏を騙った鬼や悪魔の仕業に決まってます。神仏への代参、お参りも不要です。むしろ 「眠釣よ、しっかりと闘って、元気になって戻ってこい!」 と、みなさんの強い念を送ってくださいね、ってお願いでした。

※日常の短いつぶやきは Twitter をご覧になってください。
 http://twitter.com/minchoh

拍手

PR


 5月になって初めての日記なんだが、4月26日~5月1日までの6日間受けた抗ガン剤治療第六クールの副作用で、指先が痛み、手足が痺れて、更新どころじゃありませんでした。いつもご覧下さっている皆さん、ご心配をお掛けして申し訳ない。ガン性疼痛緩和鎮痛剤のトラマールのおかげで、指先の痛みはいくらか治まっているが、今も手足に痺れと麻痺があって、文字も書けなきゃ、お箸もうまく使えないし、キーボードもマウスもうまく扱えません(泣)。歩行もステッキ無しじゃ無理で、もうヨタヨタのブラブラ……。もちろん、激しい耳鳴りと難聴も続いており、お年寄りやハンディキャッパーの皆さんのご苦労を、我が身の事として理解できた。

 そんなヨタヨタのブラブラ状態でも、人間ってのは気組みや心持ち次第で日々を明るく過ごしていけるモンで、ヒィヒィ言いながらも歩行練習をしたり、連載原稿を打ち込んだりしちゃってます。手前味噌に過ぎる話で恐縮なんだが、自分がこんなに心強き人間だとは思わなんだなァ。まぁ、まったくヘコまなかったかと言うと、いささかヘコみはしたんだが、落ち込んだり、自棄を起こしたり、癇癪を起こしたりはしていない。手足の痺れがひどくて、ベッドから起き上がる気になれない日もあるが、挫けたり諦めたりはしていない。

 何がモチベーションの源になっているのか、自分でもよくわからないが、医療スタッフの皆さんのお力添えや、家内の献身的な介護、お見舞いに来てくださったり、電話やメールで励ましてくださる皆さんへの感謝と報恩の思いが自分を支えているんだと思います。こんなボロボロの状態にならないと、自分の身の幸せが理解できない眠釣ってなァ、とんでもない大馬鹿者ですね、ってお話でした。

 ご心配、ご声援くだすっている皆々様、ありがとう存じます。手足の麻痺にも負けず、まだまだ元気を失わずに闘っておりますので、これからもよろしくお願い申し上げ奉ります。

拍手



 薬剤を替えての抗ガン剤治療第六クール二日目。前々日に刺した点滴が漏れ始めてしまった。抗ガン剤が漏れたら大変な事になる。組織が壊疽してしまうのだ。当然、点滴は刺し替え。しめたッ! 刺し替えの合間にシャワー浴びてこよう。「この隙にシャワー浴びたい!」と頼み込むとOKが出た。10時半、2日ぶりのシャワー。気持ちィ~。

 11時15分、点滴を刺し替え。11時20分、生理食塩水にアスパラギン酸カリウムの24時間点滴と共に、抗ガン剤イホマイドの副作用(出血性膀胱炎,排尿障害等)抑制剤ウロミテキサンを点滴前投与。5分ほどでタターと注入。続いて抗ガン剤イホマイドを3時間掛けて点滴投与。イホマイドの投与終了30分前、14時20分に制吐剤のイメンドカプセルを経口投与。イホマイド投与完了後、15時25分抗ガン剤シスプラチン点滴投与。18時10分、シスプラチン投与完了後、、利尿剤ラシックスを5分ほどで点滴投与。18時20分、続いて副作用抑制剤ウロミテキサンの追加投与。やれやれ、コレで一段落。後は補液の生理食塩水にアスパラギン酸カリウムの24時間点滴補液と、22時30分に副作用抑制剤ウロミテキサンの追加投与。

 これで本日の抗ガン剤治療完了。で、これと同じメニューの治療が5月1日までまで続く。う~ん、キツイなァ。どんな副作用が、いつから、どの程度出てくるのやら……。ノーダメージはあり得ない。脱毛は確定的だが、すでに一度経験しているので問題なし。やはり手足の痺れと、味覚障害などの神経障害と、造血機能の低下を引き起こす骨髄抑制が怖い。それと何よりも、シスプラチンによる永続的な難聴、聴覚障害が増強されてしまう危険性が極めて高い。それでも、真っ向から受け止めて耐え抜かないと死んでしまうからなァ。。

 ともあれ、抗ガン剤治療第六クール2日目も、さしたる副作用も無く、順調に乗り越えられましたよ、ってお話でした。つまんねェ日記でごめんなさいよ。自分の療養記録として書き留めてるモンで、読み手の事なんざ、屁ほども考えて無ェんでね。

拍手



 抗ガン剤治療再開で、昨日の午後から24時間の前補液ソルデム3Aの点滴投与、昨夜はアレルギー対策薬の前投与、今日は午前11時頃から制吐剤カイトリル点滴投与に続いて胃薬のガスターを点滴、昼食後にアレルギー対策の経口前投薬レスタミンを5錠飲み、午後から本番の抗ガン剤タキソール点滴投与。今日から6日間の抗ガン剤集中投与ってなスケジュール。う~ん、キツイ治療になるかもしれないけど、シッカリ受け止めないと死ぬしかないからなぁ。

 不安感は全くないけど、またしても運動制限(行動制限)でベッド上安静が続き、身体が萎えてしまうのがイヤだなぁ。足はヒョロヒョロになり、歩けばヨロヨロ、立ち上がるのもツライ状態になる。おまけに副作用の末梢神経障害が起き、手足の先が痺れる。これがまた、電気系のビリビリや炭酸系のシュワシュワと違い、紙をユックリと破る時のビリビリ感に似た痛みを伴う痺れなのだよ。これが実に不快なんだな。寝てても起きてもビリビリ、ジリジリしてンですよ。痺れがひどくなって、もう1ヶ月になるけど、慣れる事ができないなァ。この痺れがタキソールによって、さらにキツくなるかもしれない、と宣告されているのだよ。怖ェ~の怖くねェのって、怖ェったらありゃしねぇ。

 午後1時半、抗ガン剤タキソールの点滴投与開始。3時間掛けて落としていくんだけど、副作用がいつ出てくるのかドキドキですよ、ってお話でした。すぐに出るのか、数日後に出るのか、数週間後に出るのか……。怖ェな~。(´・ω・`)

拍手



 昨日から血痰が……。ア~ァ、振り出しに戻っちゃったよ。しゃァねェなァ。今日、主治医のN尾先生から今後の治療について説明があるんだが、選択肢は二つ。そのどちらもが根治療法ではなく、対症療法の延命治療だからなァ。とは言え、治療を受けなきゃ死亡率100%。治らないけど抑え込んで、現状維持なら上出来なんだよなァ……。

 その治療法の一つってェのがだね、骨髄液を採取して、そこに抗ガン剤を混ぜて戻す、ってな治療法なワケだよ。全身麻酔でやるってンだけど、ドリルで骨に穴を開けて髄液採取……。怖がりで痛がり、泣き虫で弱虫、根性無しで甲斐性無し、我慢知らずで恥知らずの自分には、耐えられぬ恐怖でござる。恐ろしゅうて寝付きは悪くなるわ、夜中に一人でトイレに行けなくなるわ……(理由が違ッ!)。とにかく、夜泣き、引きつけ、疳の虫を起こしそうなほどですよ。樋屋奇応丸か宇津救命丸を処方してもらおっかな?

 「振出」 なァんてタイトルのせいで、「眠釣の事だから、釣り竿の話だろう!」 と思っちゃったみなさん、ごめんなさいね、ってお話でした。てか、釣り竿だのリールだのって場合じゃねェんだよ、マジで~!

拍手



 休薬1ヶ月半でかなり副作用から回復したのに、肺に新たなガンの腫瘍が見つかった。来週から抗ガン剤を変えて第六クール開始決定だよォ。 アゥ……(´・ω・`)

 もぉ~、せっかく眉毛が生え揃い、頭髪も生えかけてたのにィ~。

 って、ソッチじゃない、ソッチじゃない(笑)。

 実は3月1日~5日の第五クールでゲッソリとやつれて、ベッドから起き上がる事もツライ、ってなダメージを受けたので、一度退院して半年くらい休薬、体力回復を待って第六クール、って主治医のN尾先生から話があったのはつい先日の事。それが昨日のCT検査で新たなガンか見つかり、採血でも腫瘍マーカーのhcgの値が上昇しちゃってた。3月末のX腺検査ではバッチリ縮小してたのに、わずか半月で新たなガン病巣が進行って、どんだけ悪性度の高いガンなんだよッ!

 それでも退院はできるみたいだけど、外来通院で抗ガン剤治療ってヤダなぁ……。毎月、補液と抗ガン剤治療期間中だけでも入院させて欲しいよ。

拍手



 昨日は外出許可を得て、自宅で資料を整理したり、原稿を書いたり、愛鼬のゲンと遊んだりしてきたンだが、病院から自宅への道すがらに見た、満開の桜の美しさと言ったら……。まさに筆舌に尽くし難し、とはこの事であろう。

 今年は東日本大震災もあり、花見気分に浮かれた人は多くない。しかし、桜花の美しさに心沸き立ち、いてもたってもいられなくなってきた。自分のお気に入り、とっておきの観桜ポイントが、車で15分ほどの隣町にある。車窓を開け放ち、ゆっくりと桜並木の下を車で通る。運転はもちろん家内に任せてある。車から降りて桜並木の下を歩きたい……。パーキングに車を停め、ステッキを片手にゆっくりと歩いてみる。晩春の陽射しに目が眩む。この桜花が散り果て、葉桜となれば初夏だ。春も残り半月ほどか。

 ウィンドブレーカーを羽織り、ニットキャップを目深に被り、マスクを着け、片手にはステッキ、もう片方の腕は家内に支えられている自分。誰もが道を空けてくれるし、くわえタバコの旦那さんも風下に移動してくれる。フッ、今生の思い出を目に焼き付けに来たワケじゃねェよ。来年も、再来年も、必ずこの桜を観に来るさ。

 15分ばかり歩いただろうか。足が萎えているため、疲れが早い。足が鉛のように重たい上に、膝やふくらはぎが突っ張り、棒のようだ。車に戻り、パーキング脇に植えられた桜をボンヤリ眺める。そよ風と陽射しを浴びていると、心地良い眠気。家内に揺り起こされた時には、もう自宅だった(笑)。

 梅花と桜花はイイね。「花は桜木、人は武士」と言うが、百姓町民、無縁無宿者だとて、日本人は千年を超える昔から、早春の梅と、春の盛りの桜を愛してきた。咲く姿は楚々として控え目ながら、薫り高く咲く梅花。艶やかに一気に花開き、美を競い合うが如く咲き誇る桜花。病を得て初めての春は、花に心寄せながら過ぎていきますよ、ってお話でした。

 あぁ、そうそう。くわえタバコの旦那のタバコの煙。マイルドセブンの6mmだろうか。久々に嗅いだタバコの匂いだが、元愛煙家の自分にとっては、懐かしい薫りだった。愛煙家にとってタバコの薫りは健康の証。自分は二度と味わう事は叶わない……。

拍手



 えっと……、先ほどの地震なんだけど、NHKニュースで流れたこの発光現象は何?

【追記】
女川原発の外部電源、3系統のうち2系統がダウン。
青森六ヶ所村の核燃料再処理事業所でも外部電源が停電。
コレってさぁ、めっちゃくちゃヤバイんじゃないの?
もう、放射能のお漏らしは勘弁して欲しいンだけど……。

自分は末期ガンの生き腐れの身だし、子供もいないし、日本がどうなろうが、この世が
いつ破滅しようが知った事ッちゃないんだが、それでも愛国心はある。
出来る事なら早春にゃ梅花が楚々として咲き、春には桜花が咲き誇り、四季折々の花
咲き乱れ、青き海、白き雲、緑の山々に囲まれ、優れた文化、高い民度の国であって
欲しいと心から願ってますよ、ってお話です。

拍手



 連日、ニュース番組やワイドショーを賑わせている福島第一原発事故なんだが、なんだか見た事があるような、デジャビュ(既視感)を覚えちゃうんだけどね。巨大企業と政府、東大の学者先生の「安全安全、何が漏れても壊れても、安心安全、管理されてっから大丈夫ッ!」って叫んでる構図は、”東京電力”を”チッソ”に置き換えると、まるっきり同じなんだがね。

 東大の学者先生は、水俣病の時も、「全然平気。チッソ悪くない。口の卑しい漁民が、腐った魚食って奇病に罹ってンじゃね?」みたいな事を言ってだね、東大の権威を振りかざして、被害を拡大させちゃったって実績があるからね。それと、マスコミが「安全、安全、断然安全! 安心してガッツリいっちゃってもダイジョブだぁ~」なんて楽観キャンペーン張るのはヤバイ証拠。太平洋戦争だって「勝ってる、勝ってる、大丈夫。空爆で本土を焼かれても、全然平気だぁってば。一億火の玉、本土決戦、総突撃で楽勝だよ~ん♪」って、あの朝日新聞まで書いてたンだから。

 風評被害がウンヌンって話もだね、毎日毎時の風向による放射性物質の拡散状況を公表して、市町村単位での測定値、3月11日からの累積値を公表せにゃアカンでしょうに。お魚もですよ、海流と風による拡散状況、測定ポイント、水深、測定対象魚種毎に毎日発表せにゃ。でなきゃ現在の三陸~関東沿岸のお魚や海産物なんか、恐ろしくて金払って買ったり喰ったりするどころか、釣る気にもなれん、って人が出てきても不思議じゃ無い。

 それとだね、「ただちに健康に影響は無い」って言うけどだね、人間ってのは宇宙から、地球から、空気から、水から、食い物から、いろんな経路や形で放射線にさらされてるワケよ。その合計値が限度を超えるとガンになったりしちゃうワケで、”足し算” で計算せにゃダメじゃンね。政府も保安院も東電も御用学者も、おまけにマスコミも、それをわかってて数字を小さく見せかけてるじゃねーか。

 自分には枝野官房長官の会見がこう聞こえるンだけどね。
 「あ~、この数値はただちに健康に影響を及ぼすものではございません。
  どうせ健康被害が出るのはァ、あ~、10~30年後でございますのでェ、
  え~、要するに政府としましても、通産天下り保安院にしても、東電にしても、
  お~、『オラ、知~らね』、が本音だと承知いたしておるところであります。ウフッ♪」

 自分なんかは子供もおらず、夫婦二人っきり。ましてや 「ガンの消滅までの治療は行わず、ガンが悪さをし出したら抗ガン剤で抑えていこう」って治療方針なので、ある意味、怖い物知らずなんだが、子供や孫がいる人はさ、10~30年後に放射線による病で、子や孫が苦しむのを避けたいだろ? そのためにはどうするべきかなんて、テレビや新聞に教えてもらわンでもわかるはず。

 ガンはツライ病気だぞ~。自分なんか、右肺中葉、虫垂、左睾丸の切除摘出手術を受け、脳腫瘍の放射線手術治療を受け、味覚や嗅覚は鈍り狂い、高音の蝉時雨のような耳鳴りと難聴に24時間悩まされ、手足の指先が意味も無く痛み出す末梢神経障害が起き、、白血球や赤血球が造れなくなって抵抗力は失われるわ、極度の貧血になるわ。当然、体力も気力も低下し、今日現在で通産7ヶ月の入院生活ですよ。シャレにならんくらい、シンドイ日が何日も続き、先の見通せない不安も付きまとう。なんつったって、本物の末期ガン患者の自分が言うンだから間違いないゾ(笑)。

 政府は隠蔽工作や過小評価はやめて、暫定規制数値じゃなくて国際基準に則った数値を速やかに制定公表し、IAEAや米仏の協力を得て、速やかに本当の対策に打って出るべき。それと本当にヤバイ農産物や水産物は流通させず、国民の生命と健康を守れよ。前総理のルーピー鳩山がウゼェほど言ってたじゃん、「生命を守りたい」ってさ。

拍手



 原稿書きやら、ムニャムニャのお仕事やら、期末控えの期首向かいの時期は何かと忙しいンだが、どうにも心身ともに調子が悪い。気力を振り絞ってキーボードを叩いてはみても、集中力が続かない。気分が乗れば一気に20~30枚くらい書き上げちゃうのが売りだったのに、こんな経験は初めて。気力とか根性とかの問題じゃ無く、何かがおかしい……。

 この不調の原因が血液検査でわかった。白血球の減少だけではなく、赤血球も基準値の1/4に減少していた……。つまり、かなりひどい貧血状態で、輸血も検討せにゃならん状態だとか。抗ガン剤の副作用で、造血機能が低下しちゃってるワケですね。ん~、自分が怠け者だからだと思っていたら、今回に限ってはバッチリと言い訳できる原因と理由があった。エクスキューズが見つかると、それにもたれかかっちゃうのは人情ってモンです。

 とは言え、そんな事ァこちら側の勝手な言い分で、締め切りやら入稿期限やら納期やらは、情け容赦なく、無慈悲に迫ってくるワケですよ。ここは一番、レバーやら鉄分豊富な食品で造血機能を補ってやらねばなりませんなァ。焼き鳥の鶏レバーは食べられない側に入っちゃってるので、牛レバー、それもレバ刺でいってみましょうかね。それもダメなら輸血をお願いするしかないンだが、輸血の副作用もキッツイからなァ~。できれば自力でなんとかしたいよ、ってお話でした。

 この記事を書くだけでも30分以上掛かってンだから、その分を原稿書きに回せばよかった。時間と気力の無駄遣いしちゃったよ……。

拍手



カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
YASU ・居眠釣四郎・眠釣
性別:
男性
自己紹介:
釣りと動物と時代劇、時代小説をこよなく愛する、腰は低いが頭が高い、現代版「無頼浪人」にて候。
最新記事
(09/01)
(08/24)
(08/13)
(07/29)
(07/23)
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]